~和歌山おもちゃ図書館 Q&A~

Q.おもちゃ図書館ってどんなところ?
   

A.

 

 

 

 

 

 

「おもちゃ図書館」は、「障がいのある子ども達におもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まったボランティア活動です。(中略)子ども達は遊びの中で育ちます。おもちゃは「遊び」を豊かにする道具です。しかし、子ども達の中にはなかなか上手に遊ぶことができない、また、おもちゃにも興味を示さない子ども達がいます。そうした子ども達にたくさんのおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで遊ぶ場・機会を提供し、家でも楽しく遊べるよう貸出するのが「おもちゃ図書館」です。(財団法人日本児童福祉協会発行「ごぞんじですかおもちゃ図書館」から抜粋)現在、おもちゃ図書館は、全国で500か所以上開設されています。スタートした当時は、障がいのある子どもとそのきょうだいのための活動でしたが、現在は障がいのある子どももない子どもも、ともに遊びで交流し育ちあう場となっています。そして、一人ひとりの違いを認め合い、ともに生きる地域づくりをめざしています。なお、和歌山市域では、「和歌山おもちゃ図書館」が最初のおもちゃ図書館となります。    
           
Q.既設のおもちゃ図書館では、障がいのある子どもの育成のほかに、どのようなことに活用されていますか?
     A. ・情報交換の場として    
       同じような悩みを抱えていたり経験した仲間が集まりますので、子育てなどの情報交換の場となっています。    
      ・仲間づくりの場として     
       遊びの中での子ども達の交流はもとより、自主的な交流会などを通した親同士の交流により、仲間づくりの場となっています。     
      ・リフレッシュの場として     
       利用者の親御さんからは「ホッとできる場所」「ストレス解消の場所」との声が寄せられています。    
      ・ボランティア活動に参加できる場として     
       おもちゃ図書館では、どなたでも力を発揮して活動できます。例えば、子ども達と一緒に遊んだり、お手伝いをすることはもちろん、おもちゃを手作りしたり、修繕したりするなど、様々な活動に参加できる場となっています。    
           
Q.和歌山おもちゃ図書館のめざすものは何ですか?
   

A.

 

 

 和歌山おもちゃ図書館は、市社協が事業主体ではありますが、利用者の皆様には、基本的な「きまり」さえ守っていただければ、自分たちの施設と思って、できるだけ自由にご利用いただければと考えております。月1回の「おもちゃによる遊び場の提供・おもちゃの貸出」という活動ですが、皆様とともに考え、運営することによって、使い勝手がよく、かつ、内容の充実した図書館にしていきたいと考えています。    

 

[お問い合わせ先] 和歌山市ふれ愛センター TEL:073-433-8866